開業を考えたら 27. 勤務先から患者を連れて行ってもいいのか

勤務先の近くで開業する先生の場合、ある程度患者がついてきてくれることを期待しています。事実慢性疾患の患者等は開業後に実際についてきてくれることも少なくありません。 この場合開業しようとする医師は患者が付いてくることに抵抗感がないようですが、やり方によっては大変な問題になってしまうので注意が必要です。
ひとつは個人情報保護法の問題、もうひとつは不正競争防止法の問題です。
今まで診てきた患者の住所等の情報を勝手に持ちだして、開業の案内を送るような行為は個人情報保護法違反になります。診察中に今度こちらの方で開業するので、よかったら来てくださいという案内を渡すことは問題ないとされてきましたが、最近は不正競争防止法に対する考え方が厳しくなってきていますので、勤務先の病院が快く思わなかったら問題になるかもしれません。勤務先を円満に退職し、かつ、勤務先から応援してもらえるような関係にあれば問題ないと思いますが、あまり露骨に患者を誘導するような行為は慎んだ方がいいと思います。 
 

 

 

【ライター】湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢勝信
ドクターにとっての第2の人生と言える「開業」が、先生にとっても、先生のご家族にとっても、また地域の住民にとっても意義深いものとなっていくことを祈念いたします。
そしてこのコラムが、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

参加費用無料

医院開業ワンポイントセミナー 抑えておけば開業準備へ一歩踏み出す!知っておきたい「お金」と「物件」

2017年8月27日(日)・9月23日(日)10:30〜 東日本橋 湯沢会計事務所セミナールーム

スポンサーサイト